WindowsでAIプログラミング

BlendGAN:顔のブレンドができます。

はじめに

『BlendGAN』は、顔のブレンドができます。

オリジナル:https://onion-liu.github.io/BlendGAN/

Windows環境でもにあつかい易いように改良してみました。

おいらのGithubに上げてあります。

https://github.com/supplepentan/penta-blendgan

実装

環境

Windows11 pro (Windows Insier Program)
マウスコンピューター製G-Tune E5-144
CPU:インテル(R) Core(TM) i7-10875H プロセッサー
メモリ:32GB メモリ
SSD (M.2):512GB NVMe SSD
グラフィックス:NVIDIA GeForce RTX2060 / 6GB

方法

『PowerShell』や『Visual Studio Code』などでコマンド実行してください。

Githubよりクローンし、フォルダへ移動

WSLを起動し、仮想環境作成・アクティベイト

Pythonライブラリのインストール

依存ライブラリと学習済みモデルのダウンロード・セッティング

実行

『input』フォルダに元となる顔の画像を、『style_imgs』フォルダにブレンドしたい顔の画像を入れてください。

下記のコマンドで実行すると『output』フォルダに出力されます。

複数のファイルを一気に実行できます。

生成画像

(左)元の画像、(中)混ぜたい画像、(右)ブレンド画像

さいごに

実装してしまえば、かなり遊べます。
生成画像も高画質☆
個人的にWSLを使うのは、おっくうなので、
『Visual Studio Container Remote Container』でも作成しようと思います。(‘ω’)ノ

この記事を書いた人
化学系で博士号を取得したが、 あるとき、これからの時代はプログラミング!、と目覚める。 pythonを用いてデータ解析や機械学習に没頭。 最近は、フロントにVue.js、バックにFastAPIを用いて、 PytorchやTensorflowを実装したWebサービスを開発中。☆('ω')☆
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA