WindowsでAIプログラミング

Neural Crossbreed: 実装方法

はじめに

その名の通り、犬の2種の画像から高雑種画像をつくることができます。

参照:https://github.com/sanghunpark/neural_crossbreed

PC環境

Windows10 pro (Windows Insier Program)
マウスコンピューター製G-Tune E5-144
CPU:インテル(R) Core(TM) i7-10875H プロセッサー
( 8コア / 16スレッド / 2.30GHz [ 最大5.10GHz ] / 16MBキャッシュ )
メモリ:32GB メモリ [ 16GB×2 ( PC4-21300 / DDR4-2666 ) / デュアルチャネル ]
SSD (M.2):512GB NVMe SSD ( SAMSUNG PM981a / M.2 PCIe Gen3 x4 接続 )
グラフィックス:NVIDIA GeForce RTX2060 / 6GB

方法

Gitクローン

任意のフォルダでGitを使いダウンロード

フォルダの移動

仮想環境

pyenvでPythonバージョンをローカル設定

仮想環境作成

アクティベイト

モジュール設定

pipで『requirements.txt』からインストール

Pytorchの入れ替え

Pytorchの削除

『Pytorch (1.6.0)』と『Torchvision (0.7.0)』のインストール

学習済みモデルのダウンロード

下記リンクからnc_finalのフォルダにあるptファイルをダウンロード。
『train_dir/nc_final』に保存。

https://drive.google.com/drive/folders/1IhxQ-fus-maSEakuFy7PorP1dkWI1WyR

実行コマンド(GPU使用)

GPUを引数『ngpu=1』にて指定する。

結果

『test_outdir』のフォルダに出力されます。

掛け合わせる画像

結果の画像

補足

1から学習させることもできます。

トレーニングコマンド

この記事を書いた人
化学を勉強し博士号を取得したが、 あるとき、これからの時代はプログラミング!、と目覚め、 主にWindows環境下でPythonを用いてのAI奮闘。 最近は、フロントにVue.js、バックにFastAPIを用いて、 Pytorchを実装したWebサービスを開発中。☆('ω')☆
SNSでフォローする
コメント (3)
  1. tomato4444 より:

    はじめまして
    AIアートのジョジョや鬼滅の刃おもしろいですね。
    はじめてAIやPythonに触って楽しんでおります。
    まことにおそれいりますが
    学習済みモデルのダウンロード
    下記リンクからnc_finalのフォルダにあるptファイルをダウンロード。
    『train_dir/nc_final』に保存。
    とありますが
    train_dir/nc_finalは自分で作ってそこにptファイルを入れるのでしょか?

    1. さぷりぺんたん より:

      コメントありがとうございます。
      です、『train_dir/nc_final』フォルダを作成して保存してくだふぁい(^ω^)ノ

  2. tomato4444 より:

    さぷりぺんたんさま

    お返事ありがとうございました。
    表紙のさぷりぺんたん様のシャボン玉の画像、すばらしいですね。
    Sketch-Generation-with-Drawing-Process-Guided-by-Vector-Flow-and-Grayscaleで
    作られたんですね。
    私も畑違いから、人工知能にはまってます。また次の記事も楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA