Windows10でAIプログラミングと動画作成

FFmpeg:Windows10に実装

はじめに

『FFmpeg』は、PowerShellなどで、コマンドを用いて動画変種ができます。
ルーチンワークの動画処理に重宝します。

設定方法

ダウンロード

下記のサイトよりダウンロードします。

https://ffmpeg.org/

『Get packages & executable files』からWindowsマークをクリック。

『Windows EXE Files』から『Windows builds from gyan.dev』をクリック。

下記の様なページに飛びます。

『release』の『https://www.gyan.dev/ffmpeg/builds/ffmpeg-release-full.7z』をクリックしダウンロードします。

ダウンロードしたファイル(——full_build.7z)は、『7z』で圧縮されていますので、
適当な解凍ソフトを用いて解凍してください。
ちなみにおいらは『Lhaplus (ラプラス)』を使っています。

フォルダ設定

インストールしたい任意の場所に『ffmpeg』を作ます。
解凍したファイルの『bin』フォルダにある、
『ffmpeg.exe』、『ffplay.exe』、『ffprobe.exe』を先ほど作ったフォルダに移動しますます。
おいらは、『C:\Program Files』に『ffmpeg』を作っています。

PATHを通す

先ほど作成した『ffmpeg』フォルダをPATHに追加します。

実装テスト

PowerShellで『ffmpeg』と実行して、下記の様になればOK(‘ω’)ノ

この記事を書いた人
化学を勉強し博士号を取得したが、 あるとき、これからの時代はプログラミング!、と目覚め、 最近は、主にWindows環境下でPythonを用いてのAI応用を開発中☆('ω')☆
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA