自分の興味の情報発信していきます☆

ビタミンB6-Vitamin B6:ピリドキシン-ピリドキサール-ピロドキサミン

さぷりぺんたんのビタミンB6

ビタミンB6-Vitamin B6

ピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミンとそれぞれのリン酸エステル体が存在し、摂取後体内で補酵素型であるピリドキサール5’-リン酸およびピリドキサミン5’-リン酸に転換されます。
多くの酵素の補酵素として働き、主にアミノ酸の代謝により、神経伝達物質の生成や、タンパク質からのエネルギー産生に関与します。
したがって、タンパク質の摂取量に応じて必要量が変動します。
また、ホルモン作用の調節や免疫機能の維持、脂質代謝、グリコーゲンの分解などにも働きます。
ビタミンB12や葉酸とともに作用して、血中ホモシステインレベルの調節に関与し、冠動脈性心疾患のリスクの低減に役立つとする報告もあります。
疫学調査の結果、肺がんのリスクを低減させるのに有効であるとされています。
遺伝性鉄芽球性貧血の場合にはピリドキシンの投与が有効なケースもあります。
欠乏症や欠乏により認められると報告されている症状:湿疹、脂漏性皮膚炎、口角炎、舌炎、小赤血球性貧血、脂肪肝、麻坪発作、多発性神経炎、免疫力低下、アレルギー症状が出やすくなります。
これらの欠乏症が認められることはほとんどないが、抗生物質の長期服用時、経川避妊薬の常用時、ある種の血管拡張剤の服用時には吸収が阻害されたり、代謝障害が起こって欠乏状態になりやすくなります。
過剰摂取により、感覚神経障害、筋肉の脆弱化、精巣の萎縮、光過敏症、嘔吐、食欲不振、血中葉酸濃度の低下などが認められている。日本人栄養所要量第六次改定で許容上限摂取量が男女とも100 mg と定められています。
 推奨量:成人男性1.4 mg、 成人女性1.2mg
    栄養機能食品としての下限値0.5 mg、 上限値10 mg

たんぱく質の分解と合成に欠かせない栄養素

ビタミン硲は、たんぱく質代謝の中心的存在。たんぱく質はアミノ酸に分解されたのちごふたたびヒトのからだに必要なたんぱく質に再合成されます。
この際に不可欠となるのが匝で、たんぱく質の摂取量が多いほど必要とされます。
また、脂質の代謝をスムーズにする働きもあります。
吼をしっかりとるとヽたんぱく質が有効に使われるので、皮膚や髪が丈夫になります。

神経への影響

神経伝達物質の生成を助け、精神状態を安定させます。
ビタミンらは神経細胞間で情報を伝達するアドレナリン、ドーパミン、セロトニンなど神経伝達物質の生成ともかかわっでいます。
不足すると、神経の働きをよくするアミノ酸の代謝が停滞して、不眠症やうつ状態になることもあります。

免疫への影響

免疫系を正常にし、アレルギー症状や発作を抑えます。
最近の研究では、ビタミン吼が小児ぜんそくの発作を防ぐなど、免疫力を向上させることが報告されています。
また、吼の摂取はアレルギー症状を軽くする効果もあるとされます。
ぜんそくや花粉症、慢性鼻炎など免疫系の症状がある人にもおすすめです。

欠乏症

皮膚・粘膜のトラブルや貧血が起こりやすくなります。
ビタミン吼は皮膚や粘膜の健康と深くかかわっています。
不足すると、目や鼻。耳などに脂漏性湿疹ができたり、口内炎や結膜炎にかかりやすくなります。
また、貧血を起こしたり、神経系の異常が生じることもあります。
66は腸内でも合成されるので不足しにくい栄養素ですが、抗生物質や経口避妊薬の長期間服用者や妊婦は欠乏症が起こることかあります。

過剰症

通常の食事でとるぶんには過剰症の心配ありません。
過剰にとったぶんはその日のうちに排泄されます。
基本的に過剰症の心配はありませんが、サプリメントなどで1日200同以上の大量摂取をした場合は、神罹系の障害が起こる可能性もあります。
脂質の代謝をサポートして脂肪肝を防ぎます。
お酒を多量に飲む人は、肝臓に脂肪が蓄積し、脂肪肝になることかあります。脂肪肝が進行すると肝硬変になり、さらに肝臓がんにいたる危険性もあります。
脂質の代謝をサポートするビタミン吼は、肝臓に脂肪が蓄積するのを防いで、脂肪肝になるのを防ぐ働きがあり ビタミン86は、レバーやカツオ、マクロなどの動物性食品に豊富に含まれています。
豆類や穀物にも含まれていますが、植物性食品に含まれる86は、体内での利用効率か低いのがネックです。
冷凍保存した食品や加工食品叫66含有量が目咸りしているので、鮮度の高い食材からとるようにしましょう。

女性への影響

月経前症候群やつわりの軽減に効果を発揮します。
ビタミン吼は卵胞ホルモンの代謝に働きかけ、ホルモンのバーフンスを整えます。
このため、ホルモンのアンバランスから体調が崩れる「月経前症候群」を改善する効果があります。
また、妊婦のつわりにも効果的。
つわりの原因であるトリプトファンというアミノ酸の代謝不調を正常に整えてくれます。
&は赤ちゃんの脳神経系の発達にもかかわるので。妊娠中はしつかりとることです。

この記事を書いた人
分析化学や食品化学などを勉強し、博士号を取得したが、 あるとき、これからの時代はプログラミング!、と思い、 最近では、主にPythonを使いAIやボットを開発中☆
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA