自分の興味の情報発信していきます☆

ビタミンB2-Vitamin B2:リボフラビン:Riboflavin

さぷりぺんたんのビタミンB2

ビタミンB2

生体内および食品中には、リボフラビンとその補酵素型フラビンモノヌクレオチド(FMN)、およびフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)の3種類が存在すします。
経口摂取後、リボフラビンまで分解されて吸収され、体内で補酵素型に転換されます。
補酵素型は多くの酸化還元反応で働き、エネルギー代謝の反応系で重要な作用を示し、炭水化物からのみではなく、脂肪を材料とするエネルギー産生系でも必須です。
種々の器官の粘膜を正常に維持するのに必要であり、身体の健全な発育を促進します。
また、ほかのいくつかのビタミンの体内代謝にも関与するので、その欠乏により多くの生体反応が影響を受けます。
欠乏症や欠乏により認められると報告されている症状:成長期における成長不良、口角炎、口唇炎、舌炎、脂漏性皮膚炎、脱毛、眼精疲労、白内障、角膜血管新生、虚弱、疲労感、欠乏が進むと脳の機能障害が起こります。
エネルギーおよび脂肪の摂取量が高い場合には需要量が増大します。
ビタミンB1が大量に必要な場合には、ビタミンB2不足を来すことがあり、アルコールや甘味物の摂取量が高い場合、肉体労働やスポーツ時、ストレス充進時などもビタミンB2の補給が必要となります。
過酸化脂質の分解に関与するグルタチオン還元酵素の補酵素となるので、問接的に過酸化脂質の分解に作用し、また、ミクロソームでの薬物代謝系で働く。最近、偏頭痛の改善に効果があるとする報告があります。
抗生物質、経口避妊薬、痛風改善剤、ある種の神経遮断剤、ある種の精神神経用薬、フェノチアジンなどの服用時や肝炎、肝硬変でに加リボフラビンの吸収や体内での補酵素型への転換が阻害されるので、必要量が増大します。
リボフラビンの腸管からの吸収は限度があり、大量摂取による増加はみられないので、過剰摂取による異常はほとんど認められていないが、所要量の400倍もの摂取時には下痢や多尿が報告されている。リボフラビンは光増感剤となるので、光感受性がある場合過敏反応がみられる。許容上限摂取量は定められていない。
 推奨量:成人男性1.6 mg、 成人女性1.2mg
     栄養機能食品としての下限値0.4 mg、 上限値12 mg

ビタミンB2の機能性

栄養素の分配を助けエネルギーに変えます。
からだを構成する細胞の新陳代謝を助けているのがビタミンB2です。
健康な皮膚や髪、爪をつくり、成長をうながします。
ビタミンB2には、脂質・糖質・たんぱく質の三大栄養素を分解してエネルギーに変える補酵素としての役割かあります。
そのため、三大栄養素の摂取量が多いほど、ビタミンB2が必要になります。
また、ビタミンB2には、体内でグルタチオンーペルオ十シダーゼという酵素と一緒になって過酸化脂質を分解する働きがあります。
過酸化脂質は老化や動脈硬化などを進行させ、発がん性がある有害物質です。
過酸化脂質の生成を抑えるビタミンEと合わせてとるとよリ効果的です。

ビタミンB2の欠乏症

口内炎や肌荒れはビタミンB2欠乏症状です。
ビタミンB2が不足すると、ます症状があらわれるのは口内や唇、舌、目などの粘膜部分です。
口内炎や口角炎、舌炎、目が充血してゴロゴロするなどの症状に見舞われます。肌荒れや吹き出物、髪のはさつきが気になる人は、ビタミンB2が不足していることも少なくありません。
成長期にある子供がビタミンB2を欠乏すると、成長障害が起こりえます。
また、多量の抗生物質や副腎皮質ホルモン剤、精神安定剤、経口避妊薬はビタミンB2の働きを阻害します。これらの薬剤の長期間の服用で、ビタミンB2が欠乏することもあります。
ビタミンB2は、体内にたくわえることができないので、毎日摂取する必要があります。
とくに、妊婦やアルコールを多く飲む人、激しい運動をする人は体内での消費量が増えるため、不足しがち。多めにとるようにしましょう。

ビタミンB2の過剰症

大量摂取はかゆみやしびれを起こすこともあります。
ビタミン匪は水溶性ビタミンなので過剰に摂取した場合は、体外に排泄されます。
基本的に過剰症の心配はありませんが、サプリメントなどでかなり大量にとっだ場合、まれにかゆみやしびれなどを起こすことかあります。

ビタミンB2の機能性

脂質・糖質の代謝アップで太りすぎ・糖尿病予防。
太りすぎを防ぐ最大のポイントは、脂肪をためこまない体づくり。
そのためには食べる量を減らすことはもちろん、からだに入った脂質や糖質をすみやかに代謝させることが重要です。
とくにダイエット中は、食事制限でビタミン、ミネラルなどの必須栄養素が不足しがちになります。
ビタミン印は脂興、糖質の代謝を高めるので意識的にとるようにしましょう。
また、ビタミンB2は、糖尿病を予防する働きもあります。糖尿病はインスリンというホルモンの分泌が減少し、糖質の代謝がとどこおる病気です。
糖の代謝を促進させる函を補給すると、糖尿病の改善や予防の効果がみられます。

ビタミンB2を含む食材

動物性食品、納豆に豊富に含まれます。
ビタミンB2は、レバーや魚介、卵。牛乳・乳製品などの動物性食品にたっぷり含まれています。魚には皮や血合いの部分に多くあります。
ビタミンB2は、熱に強い性質があるので、炒め物、煮物などの加熱・調理も問題ありません。
動物性食品をあまりとらない人は、納豆がおすすめ。大豆自体にはそれほど匪は含まれていませんが、納豆は納豆菌によってビタミンB2が増えているのが特徴です。
納豆を1バック(女性なら1日の推奨量の約1/4を摂取することができます。
また、きのこ類やナッツ類にも豊富に含まれます。

この記事を書いた人
分析化学や食品化学などを勉強し、博士号を取得したが、 あるとき、これからの時代はプログラミング!、と思い、 最近では、主にPythonを使いAIやボットを開発中☆
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA