自分の興味の情報発信していきます☆

ビタミンB12-Vitamin B12

さぷりぺんたんのビタミンB12

ビタミンB12

シアノコバラミン、メチルコバラミン、アデノシルコバラミン、ヒドロキソコハリミンが主なビタミンB12である。
補酵素型であるアデノシルB12、メチルB12・ノ川!1で生理作用を発揮する。
血中濃度は極めて低く、所要量もB群ビタミンの中d11も低い。造血において重要な働きをし、また、核酸やタンパク質の合成・修肉、脂質代謝に関与し、骨髄細胞の正常化に働く。
葉酸やB6との同時投与で血中ホモシステイン含量を低下させて、心疾患のリスクを低減する。
老人性認知症(痴呆症)や時差ぽけ解消、免疫異常の改善などにも効果があるとされている。
欠乏症や欠乏により認められると報告されている症状:巨赤芽球性貧血、赤血球の形成一再生における障害、全身疲労感、倦怠感、睡眠障害、感覚障害。
欠乏が進行すると高ホモシステイン血症となる.B12はその吸収に際して、糖タンパク質である内因子を必要とするので、胃や回腸の切除時または胃粘膜障害がある場合には吸収障害が起こり、欠乏に陥りやすい。
通常はほとんど欠乏症はみられないが、動物性食品に含まれているので、極端な菜食主義者や高齢者で動物性食品の摂取量が低下する場合には欠乏状態となる。
抗生物質一般、ある種の抗炎症剤、ある種の抗潰瘍剤、制酸剤、アスピリン、経口避妊薬、アルコール、二コチンなどによって吸収に影響を受け、欠乏症に陥りやすくなる。
過剰に摂取しても副作用はほとんど認められていない。許容上限摂取量は定められていない。
 推奨量:成人男性/女性2.4μ.g
     栄養機能食品としての下限値0.8μg、上限値60μ.g

悪性貧血を防く「赤いビタミン」

葉酸と協力して、骨髄で赤血球のヘモグロビン合成をうながし、悪性貧血を予防します。
このことから「赤いビタミン」と呼ばれます。
肝臓を再生するためのたんぱく質や核酸の生成、脂肪の代謝、中枢神経の機能維持に働いています。
ビタミンB12は腸内細菌によっても合成されます。
通常の食事では不足しませんが、動物性食品しか含まれないので、菜食主義の人は欠乏することがあります。

この記事を書いた人
分析化学や食品化学などを勉強し、博士号を取得したが、 あるとき、これからの時代はプログラミング!、と思い、 最近では、主にPythonを使いAIやボットを開発中☆
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA