自分の興味の情報発信していきます☆

ビタミンB1-Vitamin B1:チアミン-Thiamine

さぷりぺんたんのビタミンB1

ビタミンB1-チアミン

生体内および食品中にはチアミンおよびモノ、ジ(ピロ)、トリの3種類のリン酸エステルで存在しまう。
経口摂取後チアミンに分解されて吸収され、体内で補酵素型のリン酸エステルに変換されます。
糖代謝によりエネルギーを得る際にチアミンピロリン酸エステルが補酵素として働き、不足すると糖質の代謝が円滑に進まず、乳酸などが蓄積し疲労しやすくなります。
また、中枢神経や末梢神経の機能を正常に保つためにも必要であると考えられています。
チアミントリリン酸は神経組織に多く存在します。
欠乏症や欠乏により認められると報告されている症状:脚気(多発性神経炎)、ウェルニッケ脳症、末梢神経障害、浮腫、心肥大、動悸、頻脈、筋肉の衰弱や痙學、亜急性壊死性脳脊髄症、分岐鎖アミノ酸症、高アラニン血症、疲労、頭痛、糖尿病性神経症、食欲不振、運動能力低下。
ウェルニッケ脳症は中枢神経障害でアルコール多飲者に多発します。
エネルギー摂取量が多いほど要求量が増大するので、糖質含量の高い食品の摂取、多量のアルコールの摂取、輪液による栄養補給を受けている場合などにはビタミンB1の補給が必要と’なります。
亜急性壊死性脳脊髄症、分岐鎖アミノ酸症、高アラニン血症は、チアミンピロリン酸が補酵素として慟く酵素の欠損により起こる代謝異常で遺伝性疾患であり、ビタミンB1の投与により改善がみられます。
抗生物質の投与の際に吸収障害によりビタミンBIが欠乏する可能性があります。
過剰摂取による異常はほとんど認められていないが、腸の不調、まれに皮膚炎などの過敏反応がみらます。
許容上限摂取量は定められていない。 推奨量:成人男性1.4 mg、 成人女性1.1mg
     栄養機能食品としての下限値0.3 mg、 上限値25 mg

機能性

糖質をエネルギーに変えて疲れにくくします。
体内で糖質をエネルギーに変えるとき、酵素の働きが必要になります。
この酵素がしっかりと機能するには補酵素が不可欠で、ビタミン引は補酵素の働きを果たしています。
糖質を分解する日は、エネルギーの大半を米飯からとっている日本人には欠かせない栄養素です。
しかし、比較的不足しがちな傾向にあります。
81が不足すると。糖貿の代謝がとどこおり、体内に乳酸などの疲労物質がたまり、疲れやすくなったり、筋肉痛を起こしやすくなったりします。
ちなみに、摂取した糖質や脂質を効率よくエネルギーに変えるためには、100061あたリ0・45司のビタミンaが必要とされています。

神経への影響

脳や神経を正常に保つビタミンです。
ビタミン日は、脳や神経にとっても大切なものです。
それは中枢神経や手足の末梢神経を正常に働かせる働きがあるからです。
B1は脳や神経の働きを助けるので集中力が増し、記憶力が向上します。
また、手先や足先などの感覚が敏感に慟くようになります。

欠乏症

脳神経系が栄養失綱で異常をきたします。
ビタミン引が不足すると、まずイライラなどの症状にはじまり、集中力や記憶力の低下、さらに食欲不振、全身の倦怠感、むくみ、筋肉痛、脚気などがあらわれます。
アルコールを分解するのにもふが必要です。
酒を毎日多量に飲み、慢性的に引が不足している人は、中枢神経が侵されるウェルニッケーコルサコフ症候群という神経疾患にかかることがあります。
手足や顔面の麻庫、言語障害、記憶障害などがあらわれます。

食事に含まれるビタミンB1

ご飯は精製度が低いほどビタミンB1が豊富に含まれます。
日本人が主食とするお米は、ビタミンB1の宝庫です。
ただし、白米に精製する過程で胚芽がとりのぞかれ、含有蚤は玄米に比べ、大幅に減少してしまいます。
このため、精白米を食べ、おかずが乏しかった大正期などの日本では、印不足からくる脚気がよくみられました。現在は、脚気にかかる人はほとんどいません。
ただし、お菓子やアルコールなどの糖質を多くとる人、運動によるエネルギー消費量が大きい人などは、どうしても引か欠乏する傾向にあります。
不足しがちな人は、白米から胚芽米や玄米に切り替えるだけでも、圃不足をおぎなうことができます。小麦粉などの穀類も同様で、穀類は精製度が低いものほど副を多量に含んでいます。

調理方法

にんにくやねぎ類でビタミン81の利用効率アップ。
ビタミン61は水に溶けやすく熱に弱いので、調理によって30~50%が失われてしまいます。
水道水に含まれる塩素でも減少するので、米の研ぎすぎは禁物です。
また、ベーキングパウダー(重曹)も61を壊します。
にんにくやねぎ類を包丁などで切った場合、アリシンという成分が発生します。
このアリシンと引が反応すると、アリチアミンを生じます。
アリチアミンは、巳と同じような働きがありますが、その機能性は副以上です。
アリチアミンは体外に排出されやすい印とちがい、体内に長くとどまり、吸収効率も高い栄養素です。
さらに、水に溶けにくく、熱にも強いので、調理による損失が少なくてすむという特徴があります。
引は調理の過程で壊れてしまう割合が高いので、B1を多量に含む食品を意識的に取り入れることが、上手に摂取するポイントです。

この記事を書いた人
分析化学や食品化学などを勉強し、博士号を取得したが、 あるとき、これからの時代はプログラミング!、と思い、 最近では、主にPythonを使いAIやボットを開発中☆
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA