自分の興味の情報発信していきます☆

ビタミンB群

さぷりぺんたんのビタミンB群

ビタミンB群

ビタミンB群は、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチンの8種の水溶性ビタミンです。
これらのビタミンの多くは補酵素型に変換されて酵素タンパク質の構成因子として体内で生理作用を発揮します。
B群ビタミンは、体内で相互に関連を持ちながら作用している場合もあり、一方、全く独立の反応に関与している場合もります。

“サプリメント”を、「食事を補充することを目的として摂取し、食品成分を含むもの」と考えた場合、サプリメントとしてのビタミンの摂取は、ビタミン欠乏症や潜在性欠乏症の予防および治療、薬物投与による必要量の完進への対処などに有効であるばかりではなく、生活習慣病発症のリスクの低減やスポーツ時のエネルギー消費量の増大や摂取食事の内容の変化によるビタミンの必要量の増大への対応といった面からも必要とされます。
ビタミン欠乏症あるいはビタミンの必要量の充進が起こる要因の一部を示す。ここで示すように、単に摂取不足によってビタミン不足・欠乏となるのではなく、体内で当該ビタミンがその作用を発揮するまでのいずれかの段階で障害が生じると結果的にビタミン欠乏の症状が認められるようになる。
また、需要量が増大する場合にも必要な量が摂取されないときには欠乏状態となるが、必要量が増大する原因としては、上述のほか、ストレス、喫煙、薬剤の長期服用などがあります。
健常人が普通の生活をしているときでも、年齢層によっては、ビタミンが不足状態にあることもあります。
ビタミンB群に分類されるビタミンは、いずれも保健機能食品の中の栄養機能食品とされています。
注意喚起衣示として、
「本品は多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。1日の摂取目安量を守ってください。」
という記述が付加されています。
ビタミンB群のビタミンはサプリメントとして単独で販売されている場合や何種かのビタミンが配合されている総合ビタミン剤のような形で販売されている場合がありますが、いくつかのビタミンは体内で柑互に関連して働いているので、不足しているビタミンが何かを知り、ビタミン同士でバランスの取れるように摂取すべきです。

この記事を書いた人
分析化学や食品化学などを勉強し、博士号を取得したが、 あるとき、これからの時代はプログラミング!、と思い、 最近では、主にPythonを使いAIやボットを開発中☆
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA