自分の興味の情報発信していきます☆

ビタミン:生きるのに摂取する必要がる栄養素

さぷりぺんたんのビタミン

ビタミン

ビタミンとは、体内でつくることのできないが、生きていくのに必要な栄養です。

からだに必要な栄養素のうち、からだをつくり、エネルギーの源となるものは、糖質、脂質、たんぱく質の3つからなります。
そして、これらの働きをサポートして、からだの調子を整えるのがビタミンとミネラルです。
糖質、脂質、たんぱく質は、ある程度の量を必要としますが、
ビタミンとミネラルは微量ですむのが特徴です。
ビタミンとミネラルのちがいは、ビタミンが有機化合物なのに対し、
ミネラルは無機質である点です。
生命を意味する「V-TA」が、ビタミンの語源で、生きていくうえで欠かすことのできない栄養素という意味です。
例外はありますが、自分自身では生成したり、合成することができないので、食べ物から栄養素として摂取しなければいけません。
体に不可欠とされるビタミンは、ビタミンA、D、E、K、C、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビチオンの全13種類です。

ビタミンは、水に溶けやすい「水溶性ビタミン」と油脂に溶けやすい「脂溶性ビタミン」があります。

水溶性ビタミン

水溶性ビタミンは、水に溶けやすいビタミンです。
水溶性ビタミンは、水に溶けやすい性質があるので、使われなかったぶんは尿などから排泄されます。
からだにためておくことができないので毎日、推奨量をとるようにしましょう。

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンは、油脂に溶けやすいビタミンです。
脂溶性ビタミンは、油脂やアルコールに溶けやすい性質をもちます。
からだに蓄積されるため、とりすぎると過剰症を起こします。
 

必須ビタミン以外にビタミン様物質と呼ばれる栄養素があります。
作用はビタミンと似ていますが、体内で合成されたり、欠乏症が起こらないなどの理由からビタミンの仲間には入れられていません。

ビタミンの欠乏症

かつては、夜盲症(ビタミンA欠乏)、脚気(ビタミンB1欠乏)、くる
病(ビタミンロ欠乏)などが蔓延し、これらは死に至る病としておそれ
られていました。
今日では,これらの疾病の原因はビタミン欠乏であることが判明しており,現在では治療できます。
一方,欠乏状態には至っていないが、ストレスの増加、無理な食事制限や過激な運動などにより、その体内での量が著しく低下し、正常下限レベルの人が多く見受けられるようになり、潜在性欠乏症として健康上の問題点が注目されています。
日常生活には支障をきたさないものの、急性疾患時、災害時、急激なストレスなどに際し、生体の防御反応が働かず、重篤な結果を招くことになります。

ビタミンの役割

ビタミンは、一般的にエネルギー活動に必要な酵素を助け、潤滑な生命活動に 必要不可欠な働きをしています。
この欠乏は、酵素反応を止め、ひいては生命現象に支障をきたすことになります。
また、近年になって、ビタミンとしての働き以外に、体にとって数多くの有益な役割を担う多彩な作用を有することが解明されました。
中でも、ビタミンCやEは、体内で発生する酸素由来の、いわゆる活性隈素やフリーラジカルを消去する抗酸化作用がよく知られています。
一方、積極的にビタミンを投与し、薬理学的作用を導き出すことによって、疾病に対する予防や治療を目的とする応用も試みられています。

この記事を書いた人
分析化学や食品化学などを勉強し、博士号を取得したが、 あるとき、これからの時代はプログラミング!、と思い、 最近では、主にPythonを使いAIやボットを開発中☆
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA