自分の興味の情報発信していきます☆

パントテン酸-Pantothenic acid

さぷりぺんたんのパントテン酸

パントテン酸

パントテン酸の機能性

善玉コレステロールを増やしストレスに強くなります。
パントテン酸(ビタミン巳)は、コエンザイムAという補酵素の成分で、糖質、脂質、たんぱく質の代謝にかかわっでいます。
パントテン酸は副腎皮質ホルモンの産出をうながす働きがあります。
副腎皮質ホルモンはストレスに対抗するために、血糖値を上げて、エネルギーを向上させる作用があります。
このことからパントテン酸は、抗ストレスビタミンなどと呼ばれています。
また、パントテン酸はHDL(呑玉)コレステロールを噌やします。

パントテン酸の欠乏症

あらゆる食品に含まれ、欠乏症の心配はなしパントテン酸とは「広くいたるところにある」という意味のギリシヤ語に由来しており、その名のとおりいろいろな食品に含まれています。
さらに腸内で合成されるので、不足することはほとんどありません。
ただし、抗生物質を長期間服用している人や極度の栄養失・調状態にある人は欠乏症を生じることがあります。
不足すると疲労感や頭痛、手足の知覚異常を起こすことがあります。

パントテン酸の過剰症

過剰症はなく、多めにとっても安心です。

この記事を書いた人
分析化学や食品化学などを勉強し、博士号を取得したが、 あるとき、これからの時代はプログラミング!、と思い、 最近では、主にPythonを使いAIやボットを開発中☆
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA