自分の興味の情報発信していきます☆

ミネラル:生きていく上で必要な微量金属成分

さぷりぺんたんのミネラル

ミネラル

ミネラルは、有機物に含まれる4元素(炭素・水素・窒素・酸素)以外の必須元素です。
ミネラルは、ヒトの体内で作ることができないので、食事から摂取する必要があります。

特徴

ミネラルは人体の機能調節や維持に欠かせない微量栄養素です。
このうち 不可欠なものは必須ミネラルといわれ、16種類があります。
ビタミンが元素からつくられる有機化合物であるのに対して、ミネラルは元素そのものです。
ミネラルは体内で生成することかできないので、日々の食生活で摂取する必要があります。
ミネラルは有効に働く必要量と、からだに害をおよぼす量との幅が狭いので、適量をとることが大切です。

機能

体内では細胞の新陳代謝やエネルギーの発生など多くの生理作用がおこなわれておリ、ミネラルは重要な役割を果たしています。
鉄は血液をつくり、マグネシウムは 酵素を活性化します。
カルシウムとリンは協力し合い、骨をつくります。
ナトリウムとカリウムは措抗して体内水分を調整し、神経の伝達にもかかわります。
これらのミネラルのバランスがとれていると、からだの機能が正常に働き、健康を保つことができます。

種類

この記事を書いた人
分析化学や食品化学などを勉強し、博士号を取得したが、 あるとき、これからの時代はプログラミング!、と思い、 最近では、主にPythonを使いAIやボットを開発中☆
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA