自分の興味の情報発信していきます☆

ルテイン

さぷりぺんたんのルテイン

ルテイン

ルテインとは、カロテノイドの一種です。カロテノイドは、600種類以上あるといわれており、トマトやニンジンの色は、カロテノイドの色です。
カロテノイドの機能性は、光保護作用や抗酸化作用など、いろいろあります。
ルテインは、生まれたときからヒトの体内にあり、眼の水晶体や黄斑部に多く存在しています。
ルテインは、一般的には、40代くらいから減るのだが、最近ではスマホなど光が原因で、20から30代でも減ると報告があります。
ルテインは、健康なヒトの眼の黄斑色素量(黄斑色素工学密度)を維持する働きがあり、ブルーライトなどの光刺激から目の保護や、コントラスト感度改善によるぼやけの解消に役立つことが報告されています。

加齢性黄斑変性症の予防効果

ルテインは、眼の網膜の中心にある黄斑部に多く存在していて、紫外線を含む日光や、蛍光灯、携帯電話、パソコンんなどのブルーライトによって発生する活性酸素から眼を守る役割を果たしています。
特に、ブルーライトは強い光なので、眼の細胞に与えるダメージが強い。
黄斑部とは、眼の水晶体の後ろにあり、ものをはっきり見るための役割をもっています。
黄斑部は、光により発生する活性酸素によって酸化されやすい症状にあり、加齢と共に加齢性黄斑変性症を発症する確率が高くなるといわれています。
ルテインが、眼における活性酸素を除去することにより、健康な黄斑部を保ち、加齢性黄斑変性症の発症リスクを軽減するといわれています。
また、これ以外にも、白内障の予防・改善効果、炎症抑制、美肌効果などが、報告されています。

ルテインの機能性表示食品

ルテインは、機能性表示食品の有効成分として使われているのだ。表示内容は、次のようなものがあります。

  • ルテイン、ゼアキサンチンの摂取は、黄斑色素密度の増加によるブルーライトなどの光のストレスの軽減、コントラスト感度(色の濃淡を判別する力)を改善させる機能が報告されています。
  • ルテインはブルーライト光の刺激から眼を保護するとされる網膜の黄斑色素を増やす働きがあり、コントラスト感度(色の濃淡を判別する力)を改善させる機能が報告されています。
  • ルテインは長時間のコンピューター作業などによって低下したコントラスト感度を改善することが報告されています。

ルテインは、サプリから

ルテインの摂取を目的とすると、 食事からのみだと、とても難しいです。例えば、ルテインを含む人参だと、数十本食べなきゃいけません。
なので、サプリで摂取することをお勧めです。

この記事を書いた人
分析化学や食品化学などを勉強し、博士号を取得したが、 あるとき、これからの時代はプログラミング!、と思い、 最近では、主にPythonを使いAIやボットを開発中☆
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA