自分の興味の情報発信していきます☆

健康食品:保健機能食品(特定保健用食品、栄養機能食品、機能性表示食品)

さぷりぺんたんの健康食品

健康食品

健康食品という言葉よく聞くけど、法律上の定義はありません。
ただ、定義されている健康機能の有する食品があります。
それは、「保健機能食品」です。
保健機能食品は、国が有効性や安全性を個別に審査し、
許可した特定保健用食品(俗にいう「トクホ」)、
国が定める特定の栄養成分の基準に適合した「栄養機能食品」、
これらに加えて、最近、新しく「機能性表示食品」制度ができました。

保健機能食品

  • 特定保健用食品
  • 栄養機能食品
  • 機能性表示食品

特定保健用食品

特定保健用食品は、体の生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品で、特定の保健の効果が科学的根拠に基づいて認められ、
「お腹の調子を整える食品」
「歯の健康維持に役立つ食品」
「血圧が高めの方に適する食品」
などと効果について表示することが許可された食品です。
特定保健用食品は、有効性や安全性について製品ごとに国の審査を受けており、
適切な摂取量も定められています。

栄養機能食品

ビタミンやミネラルを含む食品で、栄養成分の機能を表示する食品です。
1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分が設定された上限値・下限値の範囲内にある必要があり、栄養機能表示だけでなく注意喚起表示等も表示する必要があります。
含まれる栄養成分が設定された上限値・下限値の範囲内であれば、国への許可申請は必要なく、厚生労働大臣が定める基準に従って表示ができます。
現在は、12種類のビタミンと5種類のミネラルが対象です。

機能性表示食品

事業者の責任において、科学的根拠に基づき、
特定の保健の目的が期待できるという機能性を表示した食品です。
2015年4月1日に施行された食品表示法に基づく食品表示基準により、
新たに規定されました。
健康の維持や増進に役立つという食品の機能性の表示は、
消費者の誤認を招かないよう規制されており、
一般の食品には認められていません。
機能性を表示できる保健機能食品はこれまで、
国の審査が必要な「特定保健用食品(トクホ)」と国の規格基準に適合した「栄養機能食品」だけだったが、
機能性表示食品が加わりました。
機能性表示食品は、
生鮮食品やサプリメントなどを含む食品全般を対象とし、
国の審査なしに事業者の責任において、
商品パッケージのよく見える場所に「機能性表示食品」と明示した上で機能性を表示できます。
事業者は、消費者庁長官に届け出ることが必要で、
これらの内容は消費者庁のウェブサイトで販売前に公開されます。
販売後は、消費者庁が中心となって表示内容に問題がないかを監視されます。
この新しい制度は、第2次安倍晋三政権の成長戦略の一環として導入されました。
国の審査・許可に時間のかかるトクホよりも早く、
特定のビタミンなどに限られる栄養機能食品よりも幅広く活用できます。

この記事を書いた人
分析化学や食品化学などを勉強し、博士号を取得したが、 あるとき、これからの時代はプログラミング!、と思い、 最近では、主にPythonを使いAIやボットを開発中☆
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA