自分の興味の情報発信していきます☆

コラーゲン

さぷりぺんたんのコラーゲン

コラーゲン

コラーゲンは、ヒトの皮膚や血管、骨に多く含まれます。
このコラーゲンは、たんぱく質の一種で、繊維性をもちます。
コラーゲンは、細胞と細胞の間をつなぎ合わせる接着剤のような役割をもっており、皮膚や血管、骨に柔軟性を与え、丈夫にしてくれます。
また、骨の約20%はコラーゲンで出来ています。
このコラーゲンの合成にはビタミンCが、必要不可欠です。

コラーゲンとコラーゲンペプチド

「コラーゲンを食べたら、そのままコラーゲンが補給される」と、思っているヒトもいると思うけど、そういうわけではありません。
コラーゲンは、たんぱく質なので、食べたら、ペプチドやアミノ酸にまで分解されてから吸収されます。
吸収されたペプチドやアミノ酸は、体のすみずみまで届けられ、お肌はもちろん、関節や骨など全身で活用されます。
お肌にうれしい作用として、コラーゲンやヒアルロン酸の生成に役立ちます。
普通に食品からコラーゲンを摂取した場合は、一度、分解、再合成といった工程を経る必要があり、低分子の「コラーゲンペプチド」の状態で食べた場合は、分解工程を省略できるため、普通のコラーゲンよりも吸収性が高く、より高い美容・健康に良い結果を得られます。
なので、コラーゲンを摂取したい場合は、「コラーゲンペプチド」をお勧めです。

この記事を書いた人
分析化学や食品化学などを勉強し、博士号を取得したが、 あるとき、これからの時代はプログラミング!、と思い、 最近では、主にPythonを使いAIやボットを開発中☆
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA